Subscribe via feed.

ライブ動画配信「VIDEO Clipper」が、360度カメラからのVR配信/視聴に対応

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

マルチカメラ対応のライブ配信サービス「VIDEO Clipper」(ビデオクリッパー)は、360度カメラを繋いだiPhoneやパソコンからの360度映像ストリーミング配信に対応、iOS用の無料アプリ「VIDEO Clipper」(Ver.1.3)からVR視聴できるようになりました。「VIDEO Clipper」は、動画撮影が許可されたイベントや音楽ライブを、複数のユーザーがスマートフォンのカメラなどで様々な場所から同時撮影して生配信できるサービスです。視聴者は複数の映像を切り替えながら観ることができます。運営は動画や音楽コンテンツ配信サービスを手がけるフェイスです。新たに、iPhone/iPadやパソコンからの360度映像の生配信に対応しており、正距円筒図法(エクイレクタングラー)をサポートし、MPEG-4 AVC/H.264の映像をRTMP形式でストリーミング配信します。動作確認済みの360度カメラは、iOS機器のLightning端子に直結する「insta 360 Nano」で、配信アプリとして「VIDEO Clipper」や「Wirecast Go」が利用できるようになっています。この他、投稿・視聴を許可された人だけが参加できる「プライベートモード」が追加されています。

スマホカメラでプロのような写真を

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

スマホカメラにレンズを付ければもっと綺麗な撮影ができるようになりました。
今のスマホの性能はとっても良くなっていますよね。
しかし、そんなスマホカメラをもっとより良い撮影をしようと思ったらやっぱりレンズです。
「olloclip」なのですが、こちらスマホカメラに装着をするだけでいいのです。
今では、カメラをきちんと撮影をしたい場合一眼レフで撮影をしたりしますよね。
でも、そんなものも不要になるかもしれませんね。
至近距離でも綺麗な撮影が可能という事もあり、大事な写真を撮影する場合活用をするといいかもしれません。
レンズを使用する事で、やっぱり味のある写真撮影が可能となります。
アタッチメントレンズという事もあり、気軽に使用できるスマホカメラとなっています。
スマホカメラもさまざまなものがありますが、イマイチな写真だと感じた時は、このようにレンズを使用してみるといいかもしれませんね。
お子さんの撮影なんかもスマホレンズを使用すれば、いつもより可愛く撮影ができるかもしれませんよ!
スマホに使用できるレンズは結構色々なものがあるので、見てみるといいかもしれません。
プロ並みの写真撮影ができるかもしれません。

昨年のスマホゲームの調査

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

MMD研究所が行った昨年のスマホゲームアプリに関する調査で、最も利用されたゲームの順位が出ていました。みなさんも一位はポケモンGOでしょ?と思いますよね。でも違うんですよ。何だと思います??

それは、LINEのツムツムなんです!そう、ディズニーのキャラクターが丸っこくてよりかわいくなったゲーム。あのかわいくて単純なゲームが一位になり、次にポケモンGO、三位にパズドラが入ったそうです。意外ですよね^^あんなにポケモンGOが話題になったのに。。

ただですね。ハマッたゲームとしては男性がポケモンGOが一位、女性がツムツムという結果になったとのこと。男性も二位にはツムツムが入っているんですけどね^^男性がツムツムしてるなんて・・。私の周りには誰一人居ないので、これまた意外な調査結果でしたね。

ちなみに、調査の対象となった年齢は20歳から69歳とのこと。なので、もっと年齢が低いところから調査すると、また別の結果が出た?かもしれませんね。

http://www.samsung.com/jp/consumer/mobilephone/smartphone/docomo/

スマホゲームの「Klee(クレー)」とは?

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

スマホでできるゲームはたくさんあって多くの人に利用されています。
そのスマホゲームの中に「Klee(クレー)」という本格的MMORPGがあります。
このスマホゲームは縦でも横でも遊べるようになっていますので、どのような状況でも遊びやすいゲームだと思います。
キャラクターデザインは可愛いものばかりですので見ているだけでも癒されるかもしれませんね。
また、装備する武器や防具などを集めて強化させたり成長させたりするシステムになっていますので、戦闘や攻略以外でも色々な楽しみ方があるゲームと言えます。
それに、移動は敵のキャラクターをターゲットにして視点を固定することができますのでスキルに応じた戦術を組むことができます。
攻撃や移動などはスムーズに行うことができますので快適にゲームを楽しむことができるでしょう。
そして、もう一つの楽しみ方がゲーム内でチャットを利用することです。
チャットでコミュニケーションをとりながら協力し合って強いボスと戦うことができますので誰でも楽しめると思います。
操作するときはソフトスティックを使用しますので簡単ですし、攻撃や魔法もボタンを割り当てて押すだけですので操作しやすいです。
こうしたスマホゲームが気になる人はダウンロードして試してみてください。

10年前に比べて100倍以上と大容量化が進むSDメモリーカード

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

様々な記録メディアの中で、特に小さくて持ち運びに便利なのがSDメモリーカードだ。パソコンやデジカメ、ビデオカメラなどでよく使われ、最近はもっと小さいmicroSDメモリーカードもスマートフォンなどで使われている。128GBの製品なら、一眼レフカメラで撮った5MB程度の高画質な写真が2万枚以上保存可能になっている。指に乗るほど小さなSDメモリーカードの中に、どうしてこんなに記録できるのだろうか。SDメモリーカードは、NANDフラッシュと呼ばれる、電源が切れても記録が消えない記憶媒体を使用している。また、カードの中にはNANDフラッシュのほかに、CPUも搭載されている。パソコンでおなじみのCPUだが、それよりも小型で性能も限定されている。外部から入ってきたデータは、まずCPUに送られ、CPUの命令でNANDフラッシュの所定の場所に記録されていく。NANDフラッシュは非常に微細に区画割りされていて、1つひとつの区画をセルと呼んでいる。セル1つで1ビットを記録するSLC方式と、2ビットを記録するMLC方式があるが、例えば、128GBを記録できるSLC方式のメモリーカードには、なんと1兆995億1162万7776個ものセルが搭載されている計算になる。セルを極小スケールの超高密度で集積しているから、小さくてもたくさんのデータを記録できるというわけだ。

UQ mobile、「P9 lite PREMIUM」を25日、「IDOL 4」を11月22日に発売

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

UQコミュニケーションズは、MVNO「UQ mobile」において、ファーウェイ製のスマートフォン「P9 lite PREMIUM」を11月25日に発売しました。またTCLコミュニケーション製でAlcatelブランドの「IDOL 4」を11月22日に発売しています。
P9 lite PREMIUM」は、ファーウェイ製のSIMのロックフリーのAndroidスマートフォン「P9 lite」をベースに、UQ mobileオリジナルの仕様を加えたモデルです。auのLTE網でVoLTEが利用できるほか、下り最大220Mbpsのキャリアアグリゲーションに対応していて、チップセットはSnapdragon 617を搭載。メモリ(RAM)は3GBに拡大されています。UQ mobileの取り扱い店舗では11月25日から順次発売するほか、UQオンラインショップでも11月25日9時から販売を開始しました。カラーはホワイト、ゴールド、ブラックの3色展開となります。「IDOL 4」は、TCLコミュニケーション製でAlcatelブランドのAndroidスマートフォンで、製品パッケージにVRゴーグルが付属し、スマートフォンをセットしてVRコンテンツを楽しめます。メーカーが販売する端末として11月22日発売とアナウンスされ、UQ mobileでも同日に販売を開始しました。カラーはゴールドとメタリックシルバーの2色展開となります。なお、UQオンラインショップでは11月25日から販売を開始しました。カラーはメタリックシルバーのみとなります。
http://www.samsung.com/jp/consumer/mobilephone/smartphone/

ソフトバンクがZimperiumの「セキュリティチェッカー」を提供 その特徴とは? 

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

ソフトバンクが米Zimperium(ジンペリウム)のモバイル端末向けセキュリティアプリの提供について契約を締結し、11月15日から、iPhone向けに「セキュリティチェッカー powered by ZIMPERIUM」の提供を開始したのです。iOS 8.4以上が対象で、月額500円(税別)の「iPhone基本パック」に含まれます。これにあわせて、危険な電話と思われる番号を自動で判別し、発着信時に警告表示を行う「迷惑電話ブロック」も同パックに追加するということです。セキュリティチェッカーは、App Storeから月額350円(税込)で入手することもできます。App Storeではソフトバンク以外のユーザーでも入手可能となっています。Zimperiumは、モバイル端末向けのセキュリティ製品を提供している米国の企業です。「Zimperiumのセキュリティサービスは、端末とアプリの双方に加えられる攻撃を、継続的かつリアルタイムに監視できる機能を持つ。攻撃とはマルウェア(不正ソフト)のことですが、App StoreやGoogle Playなどで配信されているアプリ以外の経路から端末に感染することもあります。「インスタントメッセージやEメールで不正なファイルを送ったり、怪しいリンクを送ったりしたとき、また空港などに設置してある充電器からマルウェアに感染することがある」(ジンペリウム社ミタル氏)ということです。

Apple Pencilの充電もこなすペンスタンド

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

スマホやタブレット用のタッチペンといえば、デスク周りで所在がわからなくなることが多いアイテムのひとつといえるでしょう。外出時であれば、バッグの中を探せば必ず出てくる安心感があり、また最近はApple Pencilを収納できるiPadケースやアクセサリーも多数市販されていたりするわけですが、自宅や作業場だとそうもいきません。こうした場合に便利なのが、「Apple Pencil 専用充電スタンド」です。外見は文房具のペン立てとそっくりなのですが、本製品がそれらと異なるのは、Apple Pencilの上下を逆さにして差し込むことで、充電が行えることです。スタンドの底面に接続されたLightningケーブルは、ペンを差し込む穴であるLightningコネクタにつながっていて、Apple Pencilを立てておくことで充電が行えるというわけです。本製品の優れたところは、Apple Pencilのキャップの置き場所がきちんと用意されていることです。紛失しやすいキャップを、コネクタの真後ろにある凹みにぴったり置けるようになっているので、充電時にLightningコネクタから取り外したキャップが行方不明になるのを防げるというわけなのです。再度取り付ける時も、抜いたApple Pencilを近づければ磁力でパチンとはまるので、手間いらずです。
ウェアラブルのGear VRはこちら

ウェアラブルならカシオの「WSD-F10」

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

ウェアラブルに興味がある人は知っていると思いますが、今人気を集めて注目されているウェアラブルがあります。
そのウェアラブルはカシオの「WSD-F10」です。
このウェアラブルは4色のカラーが用意されていて、グリーン、オレンジ、ブラック、レッドです。
ディスプレイサイズが1.32インチで、カラーTFT液晶とモノクロ液晶仕様になっています。
防水機能は5気圧になっていますし、圧力センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、方位センサーが搭載されています。
色々な機能が搭載されていますので様々なシーンで役に立ってくれますね。
ボディサイズは縦約61.7ミリ、横約56.4ミリ、厚さ約15.7ミリでバンドを含んだ重さは約93gになっています。
こうしたカシオのウェアラブルは主にアウトドアやスポーツのシーンで活躍しています。
理由はアウトドアとスポーツで必要な情報を表示してくれるからです。
方位計測、高度計測、気圧計測、日の出・日の入り時刻、タイドグラフ、活動グラフなどを表示してくれます。
それと、文字盤のカラーやメーターの表示内容を変更することができます。
あらかじめ設定しておくと必要な情報だけを通知してくれますし、スマホと連携していますので便利なウェアラブルと言えるでしょう。

aptX HD対応でバランス駆動も可能なBluetoothアンプをAKとソフトバンクが共同開発

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

ソフトバンク コマース&サービスとAstell&Kernは、aptX HDに対応したワイヤレスポータブルアンプを共同開発。SoftBank SELECTIONブランドから「Astell&Kern for SoftBank SELECTION XHA-9000」として、10月21日に発売する。価格はオープンプライスで、直販価格は19,800円(税込)です。また、ハイレゾ対応マイク付イヤフォン「SE-5000HR」に、1,000個限定の新色「ネイビー」も追加し、10月14日に発売します。価格はオープンプライスで、直販価格は8,928円(税込)となります。どちらもSoftBank SELECTION取扱店、SoftBank SELECTIONオンラインショップで販売し、オンラインショップでは10月13日から予約受付を開始するとのことです。XHA-9000は、Bluetooth受信に対応したレシーバと、ポータブルヘッドフォンアンプを組み合わせた製品で、高音質コーデックのaptX HDにも対応しているのが特徴です。対応するスマートフォンなどと連携し、48kHz/24bitのハイレゾ相当で音楽をワイヤレス伝送でき、SBC/AAC/aptXにも対応します。出力としてステレオミニのアンバランスと、2.5mm 4極のバランス出力も搭載。対応イヤフォンと組み合わせ、バランス駆動ができます。原音を忠実に再現するというDACとアナログアンプを組み合わせていて、「絶妙な調和が生み出す、圧倒的なサウンドクオリティ」が楽しめるということです。