Subscribe via feed.

au URBANO V03の評価!スペックや価格・評判

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

「URBANO V03」のカラーバリエーションは3色で、ブリティッシュグリーン、ローズピンク、ロイヤルブラックとなっています。CPUはクアルコムの「Snapdragon 430」で、ディスプレイは約5.0インチで解像度はHD、RAMが2GBです。外側カメラは約1,310万画素という事で、かなりスペックが抑えられたスマホだという事がわかります。「URBANO V03」は、
・おサイフケータイ
・防水/防塵
以上の二つの機能が使えますが、ワンセグ/フルセグが使用できないので、スマホでテレビを観る習慣がある人は注意して下さい。また、防水/防塵の保護等級は、防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)となっていて、水没に対する保護機能では、連続的に水中に置いても有害な影響がないという最高ランクの防水性能となっています。
今ではスマホの重要な機能となった「カメラ」です。あまり使わないから処理性能はそこまで求めていないけど、カメラ性能はできるだけ良いほうがいいって人もけっこういますよね。ここでは、そんなカメラの性能や特徴などをまとめたいと思います。約1,300万画素高画質カメラの画像処理エンジン「AINOS Engine」によって、うす暗い場所でもキレイに撮影が可能です。また、ピント合わせの速い「像面位相差オートフォーカス」を採用しています。「オートHDR」機能により、明暗差(ダイナミックレンジ)が激しいシーンでも、彩度とコントラストを自動で調整し、光と影のディテールまで鮮明に再現します。

スマホのおすすめ機能をご紹介!

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

スマホのおすすめ機能もたくさんあります。
そんなスマホの機能を使った便利なものが登場しましたよ。
これから簡単に便利にスマホを使って自販機でジュースを購入することができるようになります。
キリンの自販機とスマホアプリ「LINE」が自販機を使った新しいサービスをスタートさせました。
「LINE」を使用する事で簡単にスマホで飲み物を購入することができるようになるのです。
「Tappiness」というサービスがスタートするのです。
「Tappiness」は、現金、電子マネー、LINE Payで簡単に支払いができるようになります。
自販機を使う時に小銭がないなんて事もありますよね。
大きなお金を持っていたら自販機で飲み物も購入ができません。
しかし、このサービスを利用すればスマホで誰でも簡単に飲み物を購入することができ、これから人気が出て来そうです。
また、「Tappiness」を利用する事で「LINE」のポイントが貯まるそうですから、こんなお得なサービスは見逃せませんね。
普通にジュースを購入するよりも断然お得になります。
「LINE」でポイントが貯まればまた、そこでいろいろなものに使用をすることができます。スマホのおすすめ機能もたくさんあります。
そんなスマホの機能を使った便利なものが登場しましたよ。
これから簡単に便利にスマホを使って自販機でジュースを購入することができるようになります。
キリンの自販機とスマホアプリ「LINE」が自販機を使った新しいサービスをスタートさせました。
「LINE」を使用する事で簡単にスマホで飲み物を購入することができるようになるのです。
「Tappiness」というサービスがスタートするのです。
「Tappiness」は、現金、電子マネー、LINE Payで簡単に支払いができるようになります。
自販機を使う時に小銭がないなんて事もありますよね。
大きなお金を持っていたら自販機で飲み物も購入ができません。
しかし、このサービスを利用すればスマホで誰でも簡単に飲み物を購入することができ、これから人気が出て来そうです。
また、「Tappiness」を利用する事で「LINE」のポイントが貯まるそうですから、こんなお得なサービスは見逃せませんね。
普通にジュースを購入するよりも断然お得になります。
「LINE」でポイントが貯まればまた、そこでいろいろなものに使用をすることができます。

iOS版「Amazon App」に音声アシスタント「Alexa」追加(米国で)

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

米Amazon.comは3月16日(現地時間)、米国のiOS版「Amazon App」に音声アシスタント機能「Alexa」を追加したと発表しました。これで、「Amazon Echo」などのAlexa搭載製品を購入しなくてもAlexaを使えるようになります。Amazon Appはこれまでも音声検索は可能だが、Alexaを搭載することで音楽再生や天気予報などの質問、サードパーティーのサービスを使える1万以上のskill(命令セット)の利用が可能になります(skillの設定には別途Alexaアプリが必要)。Alexaは、Amazonが2014年に米国で発売した音声制御Wi-FiスピーカーAmazon Echo(日本では未発売)のアシスタント機能として世に出た人工知能(AI)パーソナルアシスタント。2016年5月にWebでも使えるようになり、同社のオリジナルタブレット「Fire HD 8」および「Fire TV Stick」にも搭載されました。さらに、CES 2017ではLenovoやHuaweiが自社製品へのAlexa搭載を発表した。スマートフォンとしてはHuaweiが「Mate 9」でのサポートを発表しています。

アンノーンって何?

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

アンノーン??un known?ポケモンGOの関連ニュースを読んでいたら、「最レアポケモンのアンノーンを捕まえて知った“その先”」というものがありました。さらには、ヨーギラス、メリープとか言うポケモンもいるそうで^^

アンノーンはレア中のレアポケモンだそうですが、私にとってはそのヨーギラスとかメリープとかも、きっと一生出会うことができないのでは?と思ってしまうほど、遠~い存在です^^

ニュースには、アンノーンを捕まえて金銀ポケモンが制覇できたとしても、その後に実は長い闘いが始まってしまっているとか^^

「AからZまでのアルファベットを模した26種類」がアンノーンにはいるんだそうです^^ということは、アンノーンのメダルをコンプリート!という新たなる闘いが待っているということなんですね。

最初からいるポケモンさえも制覇できていないんですから、私としてはため息しか出ませんが、ま、頑張っていただきたいものです^^

ゲームに集中できる最高のスマホは何!?

ボーズの次世代ホームシアター、小型化と高音質化の限界に挑戦

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

ボーズは1月26日、次世代のホームシアターシステムとして、サウンドバー「SoundTouch 300 soundbar」と5.1chホームシアターシステム「Lifestyle 650 system」「Lifestyle 600 system」の3モデルを発表しました。映像音声向けオーディオ部門のピート・オグリー ゼネラルマネージャーは新製品を「日本のユーザーに最適」と評しています。日本の居住空間は狭く、近隣への配慮からホームシアターシステムが設置しづらいという課題があり、新モデルでは、さらなる高音質化に挑みつつも、ボディの小型化にこだわったのです。“次世代”をうたうのも、サイズと音の関係性の常識を塗り替える成果を達成しているからだということです。ボーズ史上最小スピーカーが異彩を放つ「Lifestyle 650 system」は、ボーズのフラッグシップとなるホームシアターシステムです。最大の特徴は、ボーズ史上最少サイズとなる全方向性のOmniJewelサテライトスピーカーで、従来より一回り小さいながら、ボーズ独自のテクノロジーを多数搭載することで、さらなる臨場感の向上を実現したものです。ボーズの持ち味である重低音も進化している。新搭載する「QuietPortテクノロジー」は、音を出力する際に発生する歪を解消。クリアかつ臨場感溢れる音を再現しています。

ワイモバイルから、防水のAndroid Oneスマホ第2弾「S1」

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

ソフトバンクとウィルコム沖縄は、「Y!mobile」のAndroid Oneシリーズ第2弾として、シャープ製の「S1(エスワン)」を2月24日に発売しました。カラーは、ホワイト、ブラック、ピンク、ターコイズの4色が用意されています。「S1」は、常に最新バージョンのAndroidを利用できる「Android One」のスマートフォンです。Google 音声検索やGoogle マップ、YouTubeなど、利用頻度の高いGoogleアプリだけプリインストールするため、わかりやすくシンプルで、セキュリティアップデートも毎月提供されます。第2弾の「S1」は、解像度1920×1080、約5インチのフルHD液晶ディスプレイや約1310万画素のメインカメラ、約800万画素のサブカメラ、16GBのストレージなどを搭載し、大容量バッテリと省電力性能に優れたIGZO液晶ディスプレイの採用によって、標準的な使い方で、3日間を超えても利用できる電池持ちを実現しました。キャップレスでIPX5/IPX7の防水、IP6Xの防じんにも対応します。OSはAndroid 7.0、サイズは幅69×高さ143×奥行き8mmで、重さは約134gとなっています。Google Playで使える1000円分のクーポンコードに加え、店頭で購入すると、Google PlayやGoogleのサービスをさらに楽しむ方法を紹介した冊子「Googleサービスたのしいブック」、設定方法などを記載した冊子「Android One S1 活用ガイド」のプレゼントがあります。
ドコモ スマートフォン製品一覧

やっぱりそうなんだ

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

ロシア経済についてのニュースがネット記事に挙げられていたんですが、そこで面白いことが書かれていました。それは、極寒のモスクワのスマホ事情。

2月の初旬の話しらしいのですが、「マイナス20度を下回る極寒。建物を出た途端に鼻毛が凍り眼球が凍る感覚。」だったとのこと。目まで凍りそうになるくらいって、どんな寒さなのでしょう^^そんな屋外でスマホで電話をしていたら、突然バッテリーがゼロになってしまったそうです。

以前、聞いたことがあったんですが、やっぱりそうなんですね。スマホのバッテリーって気温が低いと減りも早いと。何でなんでしょう。。

うっすらとそのような記憶があったので、とっても寒い日の外出時にはスマホはバッグの中央部分に入れたり^^部屋の中では窓際を避けて置いていたんですよね。正解でした。

ただ、この記者さんはモスクワでの出来事ですよね。日本とは違い真冬のモスクワなんて人通りもタクシーもまばら。「テクノロジーの脆弱性を痛感」したそうです。

インターネットバンキングの『ワンフリック認証サービス』今春 法人向けに提供開始

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

2016年上半期のインターネットバンキングの不正送金の状況は、法人被害額が約1億9200万円で、個人の被害額が約7億6900万円でした。利便性に配慮した金融サービスでのセキュリティ強化が課題となっていることが分かりますね。そんな中、三井住友銀行がスマートフォンを利用したインターネットバンキングの『ワンフリック認証サービス』を今春、法人向けに導入すると発表しました。日本総合研究所やNECが共同で、マレーシアのFinTechベンチャー“e-Lock Corporation Sdn Bhd”が持つ「ON・OFF技術」をベースに開発するという。ユーザーがスマートフォンの画面から、インターネットバンキングの各種サービスについての利用可否を「ON・OFF」で操作することができるそうです。例えば、スマートフォンでパソコンからの振り込み処理を「OFF」設定にしておけば、マルウェアによる不正送金被害などを防止できるというわけ。このサービスで、セキュリティ脅威に向けた対策をより強固にすることができますね。ちなみにe-Lockの「ON・OFF技術」は、日本とシンガポール、オーストラリアで取得済みの特許だそう。インターネットバンキングが広まっている昨今、この技術を活用して安心・安全に利用できる環境を整えていって欲しいですね。

ライブ動画配信「VIDEO Clipper」が、360度カメラからのVR配信/視聴に対応

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

マルチカメラ対応のライブ配信サービス「VIDEO Clipper」(ビデオクリッパー)は、360度カメラを繋いだiPhoneやパソコンからの360度映像ストリーミング配信に対応、iOS用の無料アプリ「VIDEO Clipper」(Ver.1.3)からVR視聴できるようになりました。「VIDEO Clipper」は、動画撮影が許可されたイベントや音楽ライブを、複数のユーザーがスマートフォンのカメラなどで様々な場所から同時撮影して生配信できるサービスです。視聴者は複数の映像を切り替えながら観ることができます。運営は動画や音楽コンテンツ配信サービスを手がけるフェイスです。新たに、iPhone/iPadやパソコンからの360度映像の生配信に対応しており、正距円筒図法(エクイレクタングラー)をサポートし、MPEG-4 AVC/H.264の映像をRTMP形式でストリーミング配信します。動作確認済みの360度カメラは、iOS機器のLightning端子に直結する「insta 360 Nano」で、配信アプリとして「VIDEO Clipper」や「Wirecast Go」が利用できるようになっています。この他、投稿・視聴を許可された人だけが参加できる「プライベートモード」が追加されています。

スマホカメラでプロのような写真を

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

スマホカメラにレンズを付ければもっと綺麗な撮影ができるようになりました。
今のスマホの性能はとっても良くなっていますよね。
しかし、そんなスマホカメラをもっとより良い撮影をしようと思ったらやっぱりレンズです。
「olloclip」なのですが、こちらスマホカメラに装着をするだけでいいのです。
今では、カメラをきちんと撮影をしたい場合一眼レフで撮影をしたりしますよね。
でも、そんなものも不要になるかもしれませんね。
至近距離でも綺麗な撮影が可能という事もあり、大事な写真を撮影する場合活用をするといいかもしれません。
レンズを使用する事で、やっぱり味のある写真撮影が可能となります。
アタッチメントレンズという事もあり、気軽に使用できるスマホカメラとなっています。
スマホカメラもさまざまなものがありますが、イマイチな写真だと感じた時は、このようにレンズを使用してみるといいかもしれませんね。
お子さんの撮影なんかもスマホレンズを使用すれば、いつもより可愛く撮影ができるかもしれませんよ!
スマホに使用できるレンズは結構色々なものがあるので、見てみるといいかもしれません。
プロ並みの写真撮影ができるかもしれません。