Subscribe via feed.

スマートフォンの「AQUOS ZETA SH-03G」

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

“画面との一体感が生まれる狭額縁設計が採用されており、光の3原色全ての色の再現性を向上させた大型液晶ディスプレイや安心な大容量バッテリーなども搭載しているスマートフォンが「AQUOS ZETA SH-03G」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはグレー、ホワイト、ブラックの3色が用意されており、ボディサイズは幅約76ミリ、高さ約141ミリ、厚さ約8.3ミリ、重さ約150gです。
CPUはMSM8994オタクコアプロセッサでメモリはRAM3GB、内蔵ストレージは32GBで128GBまで増やすことが可能です。
ディスプレイは約5.5インチIGZO液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは3000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
このようなスマートフォンには、HDR機能やハイスピードイメージセンサーがついた約1310万画素のメインカメラとパノラマモードや広角レンズがついた約210万画素のインカメラが搭載されています。”

Google Pixel 3の魅力!

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

pixel3は、android9を搭載した最新のスマートフォンです。クイックペイや、スイカ、nanacoにも対応しているのでお財布携帯としても使える点、インカメラのデュアルレンズが非常に綺麗に撮れます。その秘訣は標準レンズと、広角レンズの二つのレンズが搭載されているため、広い画角で撮影できます。例えば集合写真を撮った場合、皆が目を開けているなど数ある写真の中から最もベストなものを選んでくれるトップショット機能や、カメラをかざすだけで検索ができる「Googleレンズ」、フラッシュなしでも明るく綺麗に夜景を撮ってくれる「Night Sight」、AIが笑顔を認識してシャッターを切ってくれる「Photo Booth」など、便利な機能が多数搭載されています。これだけの機能がととのったスマートフォンは他にほとんどないでしょう。pixel3をこれから購入したい方、新しいスマホに変えたいなと思っている皆さんは是非検討してみてください。便利な機能が満載のpixel3は魅力がたくさん詰まったおすすめのスマートフォンです。

高性能プロセッサ搭載「ZenFone 5 ZE620KL-BK64S6」

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

“ASUS(エイスース)のZenFone 5 ZE620KL-BK64S6は、高性能プロセッサ、6GBのメモリ搭載となっている格安スマホです。
今までの格安スマホの常識が通じない、それほどのハイスペックになっているところが、ZenFone 5 ZE620KL-BK64S6最大の魅力と言えるでしょう。これほどのハイスペックであれば、高負荷のかかるアプリ、ゲーム、動画視聴であっても、サクサク動かすことができます。
しかも、ZenFone 5 ZE620KL-BK64S6は、「人工知能によりパフォーマンスが向上する」ため、話題のAIが気になる人にも、ZenFone 5 ZE620KL-BK64S6をオススメすることができます。AI処理では、カメラ撮影のシーンによって、最適化が自動で行われるようになっているのです。
それだけでなく、ZenFone 5 ZE620KL-BK64S6は、「ASUS BoostMaster」という、過充電を無くすことで、バッテリーの劣化防止につながる機能も搭載しています。”参照先URL

スマートフォンの「AXON 7」

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

“ハイレゾ音源再生対応なので原音に近い臨場感や空気感を味わうことができ、スポーツカーをモチーフにしたデザインで美しさと優れたホールド感を実現させているスマートフォンが「AXON 7」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはイオンゴールドとクオーツグレーの2色が用意されており、ボディサイズは幅約75ミリ、高さ約151ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約175gです。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン820クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが4GB、内蔵ストレージは64GBで、バッテリーは急速充電機能がついた3250mAh大容量バッテリーが搭載されています。
ディスプレイは約5.5インチAMOLED液晶ディスプレイを搭載し、カメラは先進のオート機能がついた約2000万画素のメインカメラと約800万画素のフロントカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンは立体感あるサラウンドサウンドが楽しめるドルビーアトモスを採用しています。”

スマートフォンの「Moto Z Play」

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

“プロジェクターやモバイルバッテリーとして使用することができ、色鮮やかな大型液晶ディスプレイや大容量バッテリーなども搭載しているスマートフォンが「Moto Z Play」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはブラックとホワイトの2色が用意されており、ボディサイズは幅約76ミリ、高さ約156ミリ、厚さ約7ミリ、重さ約165gです。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン625オタクコアプロセッサでメモリはRAMが3GB、内蔵ストレージは32GBで、バッテリーは3510mAh大容量バッテリーが搭載されています。
ディスプレイは約5.5インチスーパーAMOLED液晶ディスプレイを搭載し、カメラは約レーザーオートフォーカスがついた約1600万画素のメインカメラと広角レンズがついた約500万画素のフロントカメラが搭載されています。
このようなスマートフォンには便利な指紋認証センサーが付いています。”

紐付けの安全性!スマートフォンに求められる機能は年々増えている

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

Androidスマートフォンで良く見られる紐付けですが、あらかじめ紐付けされているスマートフォンであれば、以下の機能を使用することができます。
紐付けによる機能その1では、小さなお子さんなど、スマートフォンを上手に利用できない子どものために、ログイン認証の強化をすることが可能です。例えば、良く知らないサイトを利用してしまった時に、はずみでログイン認証をしてしまう場合、親が仲介しない限りはログイン認証を終えられないのです。
このような機能はMDM(モバイルデバイス管理)と呼ばれているもので、今では、MDMを標準装備しているスマートフォンが増えてきました。
紐付けによる機能その2では、利用時間の管理機能があります。こちらも小さなお子さんを危険から遠ざけるための機能で、親は子どもと紐付けされている限りは、いつに何を利用したのか確認できるのです。
そのため、安全ではないかもしれないアプリを利用している場合、小さなお子さんからそのことを聞き出さなくても、危険性のあるアプリを使用できないようにするといった、安全管理ができるようになります。

VRヘッドセット市場、出荷台数が初めて100万台超え

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

英国の市場調査会社、カナリスがまとめたVR(virtual reality、仮想現実)用ヘッドセット市場の最新レポートによると、これら機器の世界出荷台数は、今年(2017年)7~9月期に100万台を突破したということです。VRヘッドセットの四半期出荷台数が100万台の大台に乗ったのは、これが初めてです。現在この市場は規模が小さく、本格開花するのは、まだ先と言われている。しかし、VRヘッドセット市場は、今のところ減速する兆しがまったくないとカナリスは報告しています。同社によると、この勢いをもたらしたのは、製品の価格低下。消費者市場におけるVRヘッドセットの普及は、その価格に依存するところが大きいということです。例えば、米フェイスブック傘下の米オキュラスVRは今夏、同社のヘッドセット「Oculus Rift」を期間限定で399ドルに値下げし、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の「PlayStation VR」と同じにしたのです。

VroomがAR環境を実現する

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

コアは「Vroom(ヴルーム)」というアプリプラットホームで、ワンダーリーグという会社が開発しています。ヴルームは幅広いプラットホームに対応すスマホAR/VRの開発環境だ。Androidに限らず、iOSでも動作することで、ほとんどのスマホをその動作対象にすることができるのです。サムスンのGearVRのソフトも比較的簡単に移植できるということです。JC-VRR02VBK対応のARソフトとしては各社からトータルで毎月5本程度、そのなかで毎月2~3本程度はVroom開発元のワンダーリーグからリリースされる予定だということです。価格としては1本数百円程度の予定だが、ソフトを1本1本売っていくというよりは、1か月固定でゲーム遊び放題というような販売方法がとられることになりそうだということです。このプラットホームを普及させたいのであれば、たしかに月2~3本程度、ある程度、面白いゲームがリリースされることが必要でしょう。何にしてもパソコンなどのプラットホームと比較すれば、ソフトが安いのは魅力です。

VR/AR用ヘッドセット市場、本格開花には遠い道のり

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

米国の市場調査会社IDCがこのほど公表した、仮想現実(VR:virtual reality)と拡張現実(AR:augmented reality)用ヘッドセット市場リポートによると、今年(2017年)4~6月期における世界台数は、210万台となりました。この台数は、1年前に比べ25.5%増加したものの、前の四半期から若干減少しているのです。VRは、目の前にある実際の場面から離れ、完全にデジタル世界に没入するという技術です。これを実現するものとしては、米フェイスブック傘下のオキュラスVRや、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)などが販売するヘッドセット(ヘッドマウントディスプレー)があります。一方のARは、目の前の現実の環境にデジタル情報を重ね合わせて表示する技術です。例えば、メガネ型ヘッドセットなどの情報機器を使い、現実の風景にさまざまな情報を表示すれば、工場などの作業現場で業務の効率化が大幅に向上するとして、産業分野での可能性が期待されています。

中国のVRヘッドセット「暴風魔鏡」、2017年前半で350万台を販売

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

VRヘッドセット「暴風魔鏡」を生産・販売する中国の暴風グループは、2017年上半期の財務報告書を発表しました。報告書によると、2017年上半期の営業利益は8.26億元(およそ138億円)となっています。2016年より66.89%増加しているのです。暴風魔鏡シリーズの売り上げは2017年前半で累計およそ350万台に達していて、前年より46.08%増加しました。同社が提供する製品は、スマホ向けのVRヘッドセットの「S1」や、一体型VRヘッドセットの「Matrix」などが知られています。また2017年7月には、グーグルのVRプラットフォームである「Daydream」に対応したヘッドセット「白日梦套装」を発表しているのです。暴風グループはVR市場において事業展開を続けていて、中国最大のネット通販プラットフォームである淘宝網では、「暴風魔鏡」はVR製品カテゴリーの人気検索ワードにもなっています。暴風グループのVRヘッドセットに関するこれからの動きに注目したいところですね。