Subscribe via feed.

VRヘッドセット市場、出荷台数が初めて100万台超え

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

英国の市場調査会社、カナリスがまとめたVR(virtual reality、仮想現実)用ヘッドセット市場の最新レポートによると、これら機器の世界出荷台数は、今年(2017年)7~9月期に100万台を突破したということです。VRヘッドセットの四半期出荷台数が100万台の大台に乗ったのは、これが初めてです。現在この市場は規模が小さく、本格開花するのは、まだ先と言われている。しかし、VRヘッドセット市場は、今のところ減速する兆しがまったくないとカナリスは報告しています。同社によると、この勢いをもたらしたのは、製品の価格低下。消費者市場におけるVRヘッドセットの普及は、その価格に依存するところが大きいということです。例えば、米フェイスブック傘下の米オキュラスVRは今夏、同社のヘッドセット「Oculus Rift」を期間限定で399ドルに値下げし、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の「PlayStation VR」と同じにしたのです。

VroomがAR環境を実現する

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

コアは「Vroom(ヴルーム)」というアプリプラットホームで、ワンダーリーグという会社が開発しています。ヴルームは幅広いプラットホームに対応すスマホAR/VRの開発環境だ。Androidに限らず、iOSでも動作することで、ほとんどのスマホをその動作対象にすることができるのです。サムスンのGearVRのソフトも比較的簡単に移植できるということです。JC-VRR02VBK対応のARソフトとしては各社からトータルで毎月5本程度、そのなかで毎月2~3本程度はVroom開発元のワンダーリーグからリリースされる予定だということです。価格としては1本数百円程度の予定だが、ソフトを1本1本売っていくというよりは、1か月固定でゲーム遊び放題というような販売方法がとられることになりそうだということです。このプラットホームを普及させたいのであれば、たしかに月2~3本程度、ある程度、面白いゲームがリリースされることが必要でしょう。何にしてもパソコンなどのプラットホームと比較すれば、ソフトが安いのは魅力です。

VR/AR用ヘッドセット市場、本格開花には遠い道のり

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

米国の市場調査会社IDCがこのほど公表した、仮想現実(VR:virtual reality)と拡張現実(AR:augmented reality)用ヘッドセット市場リポートによると、今年(2017年)4~6月期における世界台数は、210万台となりました。この台数は、1年前に比べ25.5%増加したものの、前の四半期から若干減少しているのです。VRは、目の前にある実際の場面から離れ、完全にデジタル世界に没入するという技術です。これを実現するものとしては、米フェイスブック傘下のオキュラスVRや、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)などが販売するヘッドセット(ヘッドマウントディスプレー)があります。一方のARは、目の前の現実の環境にデジタル情報を重ね合わせて表示する技術です。例えば、メガネ型ヘッドセットなどの情報機器を使い、現実の風景にさまざまな情報を表示すれば、工場などの作業現場で業務の効率化が大幅に向上するとして、産業分野での可能性が期待されています。

中国のVRヘッドセット「暴風魔鏡」、2017年前半で350万台を販売

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

VRヘッドセット「暴風魔鏡」を生産・販売する中国の暴風グループは、2017年上半期の財務報告書を発表しました。報告書によると、2017年上半期の営業利益は8.26億元(およそ138億円)となっています。2016年より66.89%増加しているのです。暴風魔鏡シリーズの売り上げは2017年前半で累計およそ350万台に達していて、前年より46.08%増加しました。同社が提供する製品は、スマホ向けのVRヘッドセットの「S1」や、一体型VRヘッドセットの「Matrix」などが知られています。また2017年7月には、グーグルのVRプラットフォームである「Daydream」に対応したヘッドセット「白日梦套装」を発表しているのです。暴風グループはVR市場において事業展開を続けていて、中国最大のネット通販プラットフォームである淘宝網では、「暴風魔鏡」はVR製品カテゴリーの人気検索ワードにもなっています。暴風グループのVRヘッドセットに関するこれからの動きに注目したいところですね。

VR/AR用ヘッドセット市場、本格開花には遠い道のり

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

米国の市場調査会社IDCがこのほど公表した、仮想現実(VR:virtual reality)と拡張現実(AR:augmented reality)用ヘッドセット市場リポートによると、今年(2017年)4~6月期における世界台数は、210万台となりました。この台数は、1年前に比べ25.5%増加したものの、前の四半期から若干減少しているのです。VRは、目の前にある実際の場面から離れ、完全にデジタル世界に没入するという技術です。これを実現するものとしては、米フェイスブック傘下のオキュラスVRや、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)などが販売するヘッドセット(ヘッドマウントディスプレー)があります。一方のARは、目の前の現実の環境にデジタル情報を重ね合わせて表示する技術です。例えば、メガネ型ヘッドセットなどの情報機器を使い、現実の風景にさまざまな情報を表示すれば、工場などの作業現場で業務の効率化が大幅に向上するとして、産業分野での可能性が期待されています。

アップル、スマホを使うVRヘッドセットで特許を取得–ホルダーと連携も

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

仮想現実(VR)対応のビデオやゲームを楽しむのに欠かせないVRゴーグルです。本格的な「Microsoft HoloLens」「HTC Vive」「Oculus Rift」などの画面搭載型だけでなく、手軽に導入できるSamsung Electronicsの「Gear VR」やGoogleの「Daydream View」「Cardboard」のような、スマートフォンの画面を流用するスクリーンレス型もあります。スクリーンレス型のVRゴーグルなど珍しくもないのですが、Appleはここに来てスマートフォンを利用するVRゴーグルの技術で特許を取得したのです。この特許は、顔に装着できるホルダーにスマートフォンをセットし、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)として使う技術を説明したものです。第1クレーム(請求項)で「cellular telephone」を使うと明記しており、実施例の図面などからもスマートフォンの流用を想定していることが分かります。

“マジカル・パンチライン、カラオケでの新VR技術サービスに登場 “

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

8月22日(火)よりKDDIが新たに提供するサービス「KDDI カラオケVR」のコンテンツにマジカル・パンチラインが参加することを発表しました。「KDDI カラオケVR」は、カラオケ店舗で気軽に本格的なVRを楽しめるサービス。1人1台VR機器を貸し出すことで複数人でもVR映像を楽しむことができる。8月22日(火)よりJOYSOUND品川港南口店にてサービスが開始され、対象店舗は随時拡大していく予定となっています。マジカル・パンチラインのコンテンツは、先日発売された1stシングル「パレードは続く」の特典VR映像「1∞ Vari-Real 煩悩 BOMB」の一部が提供されます。更にオリジナルコンテンツとして、KDDI総合研究所開発の「自由視点VR」技術を活用した、「パレードは続く」のVRコンテンツも9月より提供スタート予定とのことです。「1∞ Vari-Real 煩悩 BOMB」ではメンバーと過ごす学校生活をVRで疑似体験できるほか、「自由視点VR」技術を活用した「パレードは続く」では、コントローラーでVR空間を自由に移動し、好きな場所からメンバーの歌唱&ダンスを視聴することができます。

1,200円からはじめる多重録音生活のススメ。ルーパーアプリ「Looperverse」

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

「スマホでできる」は、「普段づかいしやすい」ということです。以前「Looperverse」なるルーパーアプリを紹介しましたが、使い込んでみるとなかなかどうして幅広い楽しみ方があるとわかってきました。ギターだけでなくアカペラ多重録音なんかを録ってみるのも面白いです。ざっくりとLooperverseの概要ですが、このアプリはルーパーと呼ばれるエフェクターをアプリ化したもの。ルーパーとは短いフレーズを録音し、そのフレーズを再生しながらさらに違うフレーズを録音……というのを繰り返して、多重録音によるパフォーマンスを楽しむエフェクターです。1人で伴奏やベースを演奏し、大抵最後にメロディーをソロっぽく弾いて楽しんだりするのが主な使い方です。しかし多くのルーパーエフェクターはフットスイッチで録音を制御しており、Looperverseはこれを再現するため別売でペダルを用意してくれています。ペダルを使えば、演奏する手を止めずに足の操作で再生や停止を行うことが出来ます。しかし、ペダル無しでも上手いことやる方法があるのです。Looperverseは選択中のトラックへの録音が終わると自動で次のトラックに録音を始めます(ネクストトラック機能)。この時、次のトラックをミュートにしていると、次のフレーズを演奏するまでにいったん猶予が生まれるため、よりスムーズに演奏を録音することができます。本来なら足で停止を押さないとならない部分を、ネクストトラックの切り替えで代用している感じですね。エフェクターと違いテンポを聞きながら録音するのがメインになると思うので、カッチリとフレーズのケツを合わせたい場合はネクストトラックで続けて録るよりこうしたほうが良い感じになるかと。録音したバッキングの長さにリピート幅を調整することもできますが、その場合はテンポを捨てることになります。

デュアルカメラとハイレゾDAC搭載「V20 PRO L-01J」

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

「V20 PRO L-01J」は、防水防塵機能を持ち、広角撮影に対応したデュアルカメラやハイレゾ対応DACの搭載が特徴のスマートフォンです。2016年冬のラインナップではもっともハイスペックなモデルのひとつとなり、Android 7.0を搭載して発売されました。グローバルで発表済みのLG V20をベースモデルとするが、ディスプレイサイズが異なるなど、細かい仕様は日本独自となっています。各仕様はauから発売された「isai Beat LGV34」に近いのです。デュアルカメラは、F1.8の1620万画素カメラと、超広角135度でF2.4の820万画素カメラの2つを搭載し、用途に応じてカメラを切り替えて使い分ける。インカメラも120度まで撮影できる広角仕様の500万画素カメラとなっています。カメラアプリはマニュアル撮影機能が充実していて、ホワイトバランスやフォーカス、シャッタースピード、ISO感度などを手動で調整可能です。三脚などで固定すればスローシャッターでの撮影もできます。動画撮影時もマニュアル撮影が可能。動画も電子手ぶれ補正をサポートします。オーディオブランド「Bang & Olufsen」のカジュアル向けブランド「B&O PLAY」とコラボレーションしていて、エンジニアと共同で音質のチューニングが行われ、バランスをベストに調整し、背面には「B&O」のロゴが刻印されます。ハイレゾ対応としてはソフトウェア面だけでなく、ハードウェア面で大きく進化し、ハイレゾ対応DACとしてESS Technology製のSoC「ES9218」を搭載します。

ドコモだけ~

Posted by admin under 未分類 (No Respond)

Xperia X Compactって、ドコモの新機種として現在発売されていますが、これ、auとソフトバンクからは発売されていないんですね。

au、ソフトバンクからはXperia XZは発売されていると思うんですが、なぜかCompactだけはドコモのみ。ここにソニーとドコモの深い関係でもあるのでしょうか^^ちょっと気になりますよね。

Xperia X Compactはその名前の通りコンパクトサイズがウリ。知り合いがこの機種を購入していて見せてもらったんですが、ホント可愛いんですよね。色がまたピンクを選んでいてケースもピンク。片手で操作が簡単にできますし、手の馴染みも良い感じでした。

このスマホの特長は3つのセンサーを搭載しているカメラ。そしてハイレゾ音楽。やっぱりソニーのスマホだなって思いますよね~。カメラは起動してから撮影までの時間が大きく短縮されていますし、「MP3などの圧縮音源もソニー独自のDSEE HXでハイレゾ相当の高音質」で聴けるそうです。